2015年07月30日

2015年度サマースクールのご報告

2015年度・ヨハネ研究の森サマースクールは、
昨日をもって終了となりました。
たくさんのサマースクール生のご参加、
誠にありがとうございました!

今回のサマースクールは、東京医科大学の井上雄一先生・
駒田陽子先生をはじめとする睡眠学の先生方による
シンポジウムへの参加からはじまりました。

睡眠の仕組みや、学びの能率はどのような睡眠によって
高まるのか…といった興味深いテーマに、ヨハネ生たちは
熱心に聴き入り、多くの疑問を先生方に投げかけました。

また、劇団こまつ座代表・井上麻矢先生にお越しいただき、
井上ひさし先生の生き方、日本語に対する思いの源流、
演劇に対するお考えなどをお聞かせいただきました。

DVC00487.JPG

かつて、井上ひさし先生がヨハネ研究の森をご訪問に
なられた際、ヨハネ生の情熱と、いつまでも止まらない
質問に、滞在時間を大幅に伸ばしていただきました。
(当時の記事)「井上ひさしさん講義」

井上ひさし先生は、ヨハネ研究の森のことを
井上麻矢先生にもお話しされていたそうです。
今回の講演会も、会場は熱気に満ち、ヨハネ生たちが
次々と質問の手を挙げ続けました。

「もう一度必ず来ます」という井上ひさし先生の
お約束は、ご逝去によってかないませんでした。
しかし、こうして井上麻矢先生が新たな形でお約束を
実現してくださったことに、私たちは感動しています。

DVC00488.JPG

※井上麻矢先生のブログに取り上げていただきました!
「ありがとうノート」素晴らしい学校

そして、最終日のグローバル教育研究会では、
コース代表の横瀬和治先生を中心に、
「國語元年」(井上ひさし先生作)に扱われる
共通語としての日本語の成立過程や、方言の本質、
第二言語の性質などが、次々と検討されました。

保護者の方の体験談も交えながら進む研究会は、
今後の社会で私たちが身につけるべき「ことば」の
性質を、より明らかにしてくれています。

DVC00521.JPG

このほか、科学館や博物館での活動や、
フィールドワーク、肝試し(!)など、
熱く充実した1週間を、皆で元気に、
楽しく過ごすことができました。

サマースクール実施にご協力いただいた
すべての皆様に、心より感謝申し上げます!
posted by stjohns at 09:00 | グローバル教育