2016年06月27日

公開セッション「人類史をなぜ学ぶのか」

6月25日(土)に行われた保護者会で、
ヨハネ生主導による公開セッション
「人類史をなぜ学ぶのか」が開催されました。

このセッションでは、年間統一テーマとして
設定され、全学年・全教科を通して学ぶ
「人類史」が、主題として取り上げられています。

1467010630367.jpg

今回のセッションでは、ヨハネ生自身が、
研究テーマの内容や、日々の寮生活の姿を、
保護者の皆様にプレゼンテーション形式で
ご報告しました。

そして、「人類の歴史」という壮大なテーマを、
いかに自分自身の血肉として吸収しているか、
ひとりひとりが自分の言葉で伝えています。

1467010715841.jpg

人類の起源を、いかにして実感するのか。
物事にはすべて、「はじまり」があるということ。
さまざまな「定説」は、「仮説」でしかないこと。
「当たり前」のことを遡る意味とは何か。

彼らの語り口は、けっして流暢ではありませんが、
一言一言に、よく考え抜き、誠実に伝える言葉の
重みが備わっているようにも感じられます。

1467010750052.jpg

ヨハネ研究の森では、教科学習などで
身につける知識を、教室という空間だけで
用いるものだとは考えていません。

自らが「生きる」ということと、
学んできた知識を結びつけ、自分自身の
生き方や考え方をより良いものへと
変えていくことが、この学び舎では求められます。

そして、「学び」とは、勉強の中にだけ
存在するものではありません。
日々の生活、それ自体が、常に自分自身を
変容させていく可能性に満ちています。

今回の、ヨハネ生が主催したセッションは、
そのことを改めて実感させてくれるものでした。

1467010650597.jpg
 
posted by stjohns at 16:00 | セッション