2017年08月07日

井上雄一先生特別講演会「睡眠とは何か」

2017年度・ヨハネ研究の森のサマースクールでは、
さまざまな学問領域を横断しながら、
人類の体に秘められた進化の歴史をたどっています。

8月5日の開校式後、さっそく、東京医科大学
教授の井上雄一先生にご来訪いただき、
人類の「睡眠」を文化的・科学的な観点から
分析していただきました。

人類史と「睡眠」という壮大なテーマのもと、
井上先生のお話は、古代の世界各地における
「眠り」のあり方、宗教と「睡眠」、
古代の自然科学と「睡眠」など、
実に幅広い教養をもとに展開されます。

1502066098976.jpg

さらに、歴史的・文化的な視点に加え、
睡眠を誘発する物質や、
睡眠中の脳の状態など、
自然科学の視野からも「睡眠」が語られ、
ヨハネ生たちは、身近なはずの「睡眠」を
新たな視点から眺め直していきました。

そして、夢の文化的側面と脳科学の側面、
生物の進化と睡眠の関係など、
井上先生が描く人類史と睡眠の物語に、
ヨハネ一同、みな驚きを隠せませんでした。

井上先生のお話は、私たち人類の体の中に
進化の足跡がまちがいなく残っているのだと
強く感じさせていただけるものでした。
井上雄一先生、すばらしいご講義を
ありがとうございました!

1502066140390.jpg
 
posted by stjohns at 09:00 | グローバル教育