2017年11月17日

第5回「グローバル教育研究会」開催のお知らせ

来る11月25日(土)、ヨハネ研究の森コースは、
第5回「グローバル教育研究会」を、
東京ガーデンパレス(東京都文京区)にて
開催いたします。

今回の研究会には、特別講師として、
丸山茂徳先生(東京工業大学・地球生命研究所特命教授)
宮脇淳子先生(岡田宮脇研究室主宰、東洋文庫研究員)
お招きすることになりました。

そして、コース代表・横瀬和治先生の
コーディネートのもと、私たちが暮らす
この「日本」という場所が、
古代の東アジア地域の中で、
どのように形成されていったのかを
検討していきます。

国境を越えてヒト・モノ・情報が移動し、
社会のグローバル化が急速に進展するなか、
19世紀以来の国民国家のあり方や、
自らのアイデンティティの拠り所が、
いま、あらためて私たち自身に
問い直されようとしています。

この時代に、「日本」の起源に
光を当てようとする本研究会の意義は、
実に大きいものであるはずです。

研究会のご報告は、当ブログ上でも
改めて行いますので、
ぜひ楽しみにお待ちください。

(参考)
「第5回グローバル教育研究会」開催のご案内.pdf (速報版、PDF形式)

(追記)
当日のプログラムを、以下のリンク先より
eBook形式でご覧いただけます。

プログラム「東アジア文明圏と『日本』の誕生」
第5回グローバル教育研究会パンフレット.jpg

 
posted by stjohns at 17:00 | お知らせ