2018年05月18日

書籍『3・11本当は何が起こったか』ご紹介

『3・11本当は何が起こったか:巨大津波と福島原発―
 科学の最前線を教材にした暁星国際学園
「ヨハネ研究の森コース」の教育実践』


3・11本当は何が起こったか.jpg
(リンク先)amazon.co.jp 書籍ページ


今回ご紹介する書籍は、東京工業大学・
地球生命研究所の特命教授である
丸山茂徳先生が、東日本大震災の直後に
ヨハネ研究の森で行われたご講義の内容を
一冊にまとめたものです。

2011年3月11日に発生した東日本大震災から、
早くも7年以上の歳月が経過しました。

ヨハネ研究の森コースは、震災直後より、
(株)4030ホールディングス様のご支援のもと
復興支援活動「3Dプロジェクト」に参加し、
私たちに何ができるのかを考え続けています。

IMG_5939.jpg

震災の規模はあまりに大きく、私たちが
常識だと信じ込んでいた「科学」知識も、
あくまで仮説にすぎなかったことが
明らかになりました。

そして、丸山先生が講義を通して提示する
新たな仮説は、「科学とは何なのか」という
根本的な問いを内包しながら、
知的刺激となって私たちに迫ってきます。

ヨハネ生のレポートや、コース代表・
横瀬和治先生へのインタビューなども
掲載された、充実の一冊です。

ヨハネ研究の森にご関心をお持ちの方に
ぜひお読みいただければと思います。

ヨハネ研究の森一同は、本日の夜から
3Dプロジェクト第17弾に参加し、
宮城県・山元町におうかがいします。

震災の本質と、復興の今後について、
実践のなかで考えつづけている
ヨハネ生たちを、今後とも
応援していただければ幸いです!

IMG_5429.jpg
 
posted by stjohns at 08:00 | グローバル教育