2018年06月19日

吉藤オリィ先生講演会「分身ロボットの描く“総活躍”の未来」

ロボット研究者の吉藤オリィ先生による講演会
「分身ロボットの描く“総活躍”の未来」に、
ヨハネ研究の森一同で参加させていただきました。

吉藤先生は、青年版国民栄誉賞「人間力大賞」のほか、
スタンフォード大学 E-boot Camp日本代表、
Googleインパクトチャレンジグランプリ、
AERA誌「日本を突破する100人」、
フォーブス誌が選ぶアジアを代表する青年30人など、
さまざまな受賞・表彰歴をお持ちの研究者です。

吉藤先生の開発された「分身ロボット OriHime」は、
自分が身体を動かせなくとも、離れた場所にいる人と
コミュニケーションを行うことを可能にします。

これによって、これまでにない仕事のあり方、
協働の手段が生まれ、難病などによって
身体を動かせない方たちの社会参加が、
すでに可能となりはじめています。

1529364948636.jpg

私たちは、いま、AIの話題の華やかさから、
人工知能によって人間のあらゆる領域の
問題解決がなされると考えてしまいがちです。

しかし、吉藤先生は、ご自身の経験から、
「その技術は人の役に立つことなのか」を問い、
できなかったことができるようになるもの、
その人の暮らしに役立つものを開発しようと
努めてこられたとおっしゃいます。

そして、私たち人間の生きる意味は
人とつながることから見つかる、と考え、
誰でも他者から必要とされ、それによって
皆が生きがいを得られるようにと
研究を進めてこられたそうです。

先生は、あらゆる人の存在の価値を認め、
それを伝達すること、「存在伝達」が、
ご自身のミッションとお話しになられました。

ヨハネ研究の森も、コース全員が参加する
人類史研究のなかで、人間という生物の本質や、
AI技術の進展など、今回の講演にかかわる
多くのテーマに取り組んできています。

私たち人間は何を本質的に求めているのか、
そして、この社会で何が必要とされているのか。
今回の講演は、これまで触れてきたテーマを
見つめ直す、すばらしい機会でした。

魅力あふれるご講演を行っていただいた
吉藤先生に、心よりお礼申し上げます。

吉藤オリィ先生講演会.jpg
 
posted by stjohns at 08:00 | グローバル教育