2019年02月25日

2018年度 研究発表会

2月23日(土)、今年1年間の研究成果を報告する
ヨハネ研究の森の伝統行事「研究発表会」が、
本校セッションホールで開催されました。

2018年度 研究発表会プログラム(PDF形式)
2000608_4529227.jpg


近年、人工知能(AI)の目覚ましい発達は、
産業の構造のみならず、音楽や文芸、美術を
はじめとする人間の活動のあらゆる領域に、
巨大な変化をもたらすであろうと予測されています。

1551051869837.jpg

日本政府は、あらゆるモノがネットワークを
通してつながり、そこで生まれる巨大なデータを
人工知能が解析していくことで生まれる社会を
「Society 5.0」と位置づけました。

1551051955715.jpg

今後の社会を大きく変化させ、人類の役割すら
失わせかねないというAIの「知能」とは、
いったいどのようなものなのでしょうか。

そもそも、私たち人間の「知能」のあり方、
そして人類史上、あらゆる場所や時代において
発揮されてきた人間の知的能力とは、
はたしてどのような性質を有しているのでしょう。

1551051880058.jpg

今回の研究発表会では、進化するAIの姿に加え、
人間の表現能力の本質、人類の「知性」の特徴、
科学史を通した人類の知性の姿など、
多様な側面から、人類の本質が検討されました。

教科や学年の枠を超えて、ひとつのテーマを学び、
共に理解を構築していくヨハネ生の姿が、
発表からもあらわれていたように思います。
ご多忙の中、研究発表会にご来訪いただいた皆様、
誠にありがとうございました!

1551052126706.jpg
 
posted by stjohns at 09:00 | セッション