2019年05月30日

3Dプロジェクト(第19弾)に参加しました

3.11直後から継続されている、東日本大震災
復興支援ボランティア「3Dプロジェクト」
第19弾が、宮城県亘理郡・山元町で行われました。

今回、ヨハネ生は、ポニー牧場の拡張工事や、
農家の方のビニールハウス解体の
お手伝いなどを担当しています。

ポニー牧場では、羊の飼育のための柵づくりに
加わり、木材への防腐剤塗布から杭打ちまで、
みな、額に汗しながら作業に取り組みました。

IMG_8010_2.jpg

また、農家の方のビニールハウス解体の
お手伝いにも参加し、こちらでも、
ヨハネ生が力をあわせて仕事に向き合いました。

昨年のうちに新築された、新たな区民会館での
交流会も、今回で2回目となります。
歌や踊り、さまざまなパフォーマンスで
盛り上がったあとは、地元の皆様に
カレーを振る舞っていただき、みな笑顔で
大切な交流の場に溶け込んでいました。

IMG_8073_2.jpg

山元町の皆様、今回も私たちを温かく
お迎えいただき、ありがとうございました!

IMG_8013_2.jpg
 
posted by stjohns at 08:00 | ボランティア活動

2019年05月15日

高校生新聞で研究活動をご紹介いただきました

全国の高校生の活動が紹介される
「高校生新聞」5月10日号において、
ヨハネ研究の森コースの研究活動
「文明と天災」の発表が掲載されました。

「大震災被災地との交流から学ぶ」
題された今回の記事は、3月に開催された
「SGH甲子園」でのポスター発表の様子を
ご取材いただいたものです。

3.11直後から継続されている
被災地での復興支援活動と、
人類史研究をベースとした文明論を
あわせて考察していく姿は、
実にヨハネ生らしいと感じます。

こうした研究報告にご注目いただけることも、
私たちにとっての大きな喜びです。
今回の研究発表にご関心をお寄せいただいた
皆様に、心より御礼申し上げます。

参考:高校生新聞ホームページ掲載記事
   高校生新聞トップページ
 

高校生新聞5月10日号.jpg
 
posted by stjohns at 08:00 | グローバル教育

2019年05月11日

2019年度 サマースクール開催のご案内

毎年、夏休みの期間を利用して行われる
「ヨハネ研究の森・サマースクール」を、
今年度も開催いたします。

例年ご好評をいただく本サマースクールは、
ヨハネ研究の森コース在校生だけでなく、
外部生のお子様にもご参加いただけます。

知的刺激に満ちたワークショップや特別講義、
自然のなかで行われる体験学習など、
ヨハネ研究の森の学びを満喫できる、
特別な一週間です。

開催期間:2019年 7月25日(木)〜28日(日)
対象学年:小学4年〜中学3年

※詳細なプログラムや、お申し込み用ページは、
 6月上旬に公開いたします。
 ぜひ、お楽しみにお待ちください!

サマースクール2019フライヤー.jpg


※以下のページは、昨年度サマースクールの実施内容を
 ご報告したものです。ぜひご一読ください。

参考:昨年度(2018年度)サマースクールご報告
 
 
posted by stjohns at 11:00 | お知らせ